一般常識を学びましょう

m015-400

社会の常識、一般常識、マナー不足の看護師が多いように思います。
病院は、独自の世界で一般企業とは雰囲気が少々違います。看護学校では、実践で使える看護技術を重点的に学ぶので、社会に出てからのマナーにはどうしても疎くなってしまいます。そのために患者さんや取引先の方、上司や先輩に失礼な応対をしてしまうのです。

電話での応対は、一般企業では重視される項目の一つだと思いますが、看護部では、きちんと電話応対を教える人がいません。電話そのものの使い方が分かっていないために取りたくないという看護師もいるくらいです。保留の使い方が分からないために受話器を手にもったまま、「○○さーん、電話きてるよ。」と大声で呼ぶ人もいます。相手の名前や連絡先を聞き忘れて、途方にくれることもあります。

また、敬語や丁寧な言葉をつかえない人が多い傾向にあります。上司や先輩に対してもタメ口で話したりする人がいます。誰か注意する人がいればいいのですが、上司の中にもタメ口を聞かれて何とも思わない、注意ができない人がいるのが問題です。年配の患者さんの中には、年下の看護師になれなれしい話し方をされて、怒る方もみえます。患者さん、上司、先輩、取引先の方には敬意を持って接するべきではないでしょうか。一般企業から転職して看護師になった方は、このようなケースに遭遇した時に違和感を感じることがあるようです。

m014-069

看護師は、病院において強い力を持っています。患者さんに行う治療の指示を出すのは医師ですが、実際に点滴や処置をするのは看護師の仕事です。医師ですら、看護師を敵に回すと仕事が回らなくなります。そのためにどうしても強気に出てしまう傾向にあるようです。
しかし、最近も病院は技術面だけではなく、サービス面に力を入れるようになってきました。ただ病気を治して帰ってもらうだけではなく、治療中の接客態度やマナーも重視されています。一般常識を学んで、より患者さんから信頼される看護師になって欲しいと思います。

専門知識よりも前に大切なのが一般常識、人と接する仕事だからこそきちんと身に付けておきたいですね!