患者、顧客に対する均一の対応をしてほしい

d9693d4db2e12b931dfcba64e356fc6e_s

これは私の祖母が人生末期に半年間入院した時の印象です。
まわりは高齢者ばかりでなかなか回復の見込みもないような方が多いこともあったのかもしれません。誤解を招くといけませんがほかの病棟では今からわたしが記載するようなことはありませんでした。

さて、前述の通り祖母が入院してたところは高齢者、かつ劇的に回復が難しい場合の患者ばかりの病棟でした。もちろん、24時間対応で看護士さんも本当に大変だということはわかります。また、患者さんからなかなかありがとうという感謝の言葉も引き出しにくいところがあることも理解できます。

3d21a69edf07cbbda342c1d3629afaec_s

というような状況でありながらもあまりにもほかの病棟の看護士とは笑顔も対応も異なる、まさしく対応の均一性がないところが気になりました。企業で言うならば、あまりやりがいもないところに配属、転勤させられて無理やり仕事を、いわゆる患者さんの相手をしているというような雰囲気を感じてしまうのです。
もちろん、夜中に患者さん、家族がナースコールを押すことも多く大変だと思いますがもう少し笑顔でみなが対応してくれるようにならないとこちらもお願いしずらくなってしまいます。複数のうちの一人ということではなく、こういった事象がほとんどの看護士さんに見られ、かつ雰囲気が重いということからもよくわかるところです。

私も企業に勤めているので理解できるところはあるのですがとにかく患者さんはお客さまであり、どのような状況であっても笑顔でしっかり対応していかねばなりません。さらにこれからはこうした高齢者を相手にした現場が増えていくことが容易に予測されるわけです。
仮に全国的にほかも同じような状況であるのであれば、現場からもしくはトップダウンからでも改善をしていかねば、日本の医療現場のサービスレベルがあやしくなっていくと感じます。

こちらもチェック「馴れ馴れしいと優しいは違います」