看護師さんについて

071

自分は現在28歳の男性会社員をしております。
自分が高校生のときに祖母が脳卒中で倒れてしまいました。幸いではありますが、職場で倒れたので、発見が早くすぐに病院に搬送をすることができました。そして、病院の緊急処置により、何とか一命を取り留めることができたのです。しかし、軽度の後遺症が残ってしまい、体が半身不随となり、意識ははっきりとしておりますが、呂律があまり、まわらない状態です。それでも元気にしてくれたのでよかったと思います。
一月で退院をすることができたので、そのときは惨事は免れました。しかしここ最近になってまた容体が悪化をしてしまい、入院をすることになったのです。年齢も80歳などで、年齢的に体力もなく、不謹慎な表現かもしれませんが、今のうちできるだけのことはやっておこうと思い、ほぼ毎日お見舞いにいっております。

a235b9354c76e9736057ca94cc231b96_s

自分は一年前から会社の人間関係が悪化をしてしまい、メンタルを壊してしまい、休職をせざる得ない状態となりました。最近ではメンタルも回復をしてきたので、自分のリハビリも兼ねて、お見舞いを行っております。そして、そこで、一番気になってしまったのは、看護師さんの態度です。

1da3ba433df84b53a3660fa1d237a093_s

祖母が入院をしているフロアは、高年齢のおばあちゃんばかりのフロアですごく、きびしい看護師さんばかりであったのです。それは点滴などを行っているときに、少しでも暴れたり、叫んだりすると、看護師さんが患者以上に大きな声で罵倒をするのです。それまでの、その患者と看護師さんのやりとりや過程は知らないので、わかりませんが、とても看護師さんが行う態度には見えませんでした。基本的に祖母が入院をしている病院はほとんどの人が口調が厳しいです。
祖母は家族なので持ち上げる訳ではありませんが、常識人なので、脳に異常があっても、悪意的な発言や看護師さんに迷惑をかける行為はしないはずなので、看護師さんも罵倒がしないと思います。自分の祖母が看護師さんに罵倒をされていると思うと少し、ゾッとします。

こちらもチェック!「患者、顧客に対する均一の対応をしてほしい」

一般常識を学びましょう

m015-400

社会の常識、一般常識、マナー不足の看護師が多いように思います。
病院は、独自の世界で一般企業とは雰囲気が少々違います。看護学校では、実践で使える看護技術を重点的に学ぶので、社会に出てからのマナーにはどうしても疎くなってしまいます。そのために患者さんや取引先の方、上司や先輩に失礼な応対をしてしまうのです。

電話での応対は、一般企業では重視される項目の一つだと思いますが、看護部では、きちんと電話応対を教える人がいません。電話そのものの使い方が分かっていないために取りたくないという看護師もいるくらいです。保留の使い方が分からないために受話器を手にもったまま、「○○さーん、電話きてるよ。」と大声で呼ぶ人もいます。相手の名前や連絡先を聞き忘れて、途方にくれることもあります。

また、敬語や丁寧な言葉をつかえない人が多い傾向にあります。上司や先輩に対してもタメ口で話したりする人がいます。誰か注意する人がいればいいのですが、上司の中にもタメ口を聞かれて何とも思わない、注意ができない人がいるのが問題です。年配の患者さんの中には、年下の看護師になれなれしい話し方をされて、怒る方もみえます。患者さん、上司、先輩、取引先の方には敬意を持って接するべきではないでしょうか。一般企業から転職して看護師になった方は、このようなケースに遭遇した時に違和感を感じることがあるようです。

m014-069

看護師は、病院において強い力を持っています。患者さんに行う治療の指示を出すのは医師ですが、実際に点滴や処置をするのは看護師の仕事です。医師ですら、看護師を敵に回すと仕事が回らなくなります。そのためにどうしても強気に出てしまう傾向にあるようです。
しかし、最近も病院は技術面だけではなく、サービス面に力を入れるようになってきました。ただ病気を治して帰ってもらうだけではなく、治療中の接客態度やマナーも重視されています。一般常識を学んで、より患者さんから信頼される看護師になって欲しいと思います。

専門知識よりも前に大切なのが一般常識、人と接する仕事だからこそきちんと身に付けておきたいですね!

心身ともに弱っている患者の立場になって

m015-403

年がら年中、病院にお世話になっているわけではありませんが、数少ない通院や入院経験の中で様々な看護師さんに出会いました。中には本当に親切で優しく接してくれる看護師さんもいらっしゃいますが、まったく正反対の看護師さんもいらっしゃるわけです。

看護師さんと言えば、超多忙の中テキパキと仕事をこなすイメージです。ましてや人の命を預かるわけですから、言動が厳しくなったりするのも当然だと思います。余談ですが、看護師さんの世界について直接聞いたことがあります。女性の世界であるので、それはもういろいろな厳しいことがある、その中で生きていくのでかなり性格等がキツイとの内容でした。

患者の立場での経験上、本当に2通りの看護師さんがいたなと振り返れば思います。こちらが心身ともに弱っている、慣れない検査等で緊張もしている中で、笑顔と安心させてくれる優しさで接してくれた看護師さんがいらっしゃいました。嬉しかったですし、その時の自分に置かれている状況にも前向きになれました。そして今でも忘れることもなく、あの時は本当に親切にしてくれたなと感謝の気持ちになるわけです。もちろん、病気も良くなりました。

出産時にお世話になった看護師さんですが、出産という人生における一大イベントの際も感謝の気持ちでいっぱいになる素敵な方々に出会うことができました。当たり前ですが、真剣にこちらのことを考えてくれて、絶妙なタイミングでの声掛けもしてくれます。看護師さんにとっては仕事の一環であろうことでも心を持ってやってくれる姿には本当にありがたかったです。

76bdfefc1130d915dd46ae65c068ea51_s

しかし、そういった看護師さんばかりではありませんでした。具合の悪い、心細い患者に対しての冷たい態度をする、ただ仕事をするだけの看護師さんです。こういうケースは患者の病状を悪化させる、助長させると思っています。大げさかもしれませんが、傷口に塩をぬるような感じです。

看護師さんの忙しさや仕事内容の重要さは理解しているつもりです。感謝もしています。めんどくさいと思うことがあっても、弱い立場の患者さんの立場になって仕事をしていただきたいと思います。

常に患者さんの立場になって仕事を行うことが看護師にとって一番大切なこと!忙しいからといって疎かにしてはいけませんね

数値ばかり見ないで患者の顔を見てほしい

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s

最近は医療でもパソコンで患者情報を管理するようになり、医師の中にはパソコン画面ばかり見ていて患者の脈も取らない人も中にはいます。看護師の中にも病室に来て、パソコン画面の数値ばかりに目を向け患者の表情や口調を細かく観察しない人が増えているように感じます。看護師の仕事が忙しいのは分かりますが、妙に冷めた表情で患者の質問に「私には分かりません」と適当に業務を済ませようとする看護師を時折目にしています。看護師は患者に身近な存在として患者の話しを聴き、状態変化があったら速やかに報告する事が大切です。

しかし、自分たちの忙しさを言い訳にして観察を怠ると、患者の変化を見逃す重大な事態を招く恐れがあります。せっかく一生懸命仕事をして知識や技術を磨いても、心が通っていない対応をする事で患者は本音を話さなくなります。病院では「どうして早く痛い事を言ってくれないんですか」等、看護師が患者を責めている時もあります。実は患者が気を使って痛みを言えなかったという事もあるのです。

d17ed0efe6ac93527f7a74b93f5a8040_s

看護師は医師よりも患者が気軽に話せる環境を整える必要があります。高度な知識や技術は患者の信頼があって初めて発揮できるものです。笑顔を欠かさず、患者が話しかけやすい空気を常に出している人が優秀な看護師なのです。病院は病気を治すだけではなく、治療やリハビリに臨む気持ち、退院後に健康的な生活を送る意欲等、精神的なケアも重要なのです。

患者は看護師に精神的な癒しを求めます。それは医師に比べると看護師と接する時間が多く、病気を抱えた事で生じる不安や恐怖を和らげてほしいとする人間として当然の行動です。もし看護師が自分に関心を持たず、不愛想に接して来たら患者の治療意欲は激減していきます。常に患者に寄り添い、患者の味方として安心して治療に臨める状況を作り上げるのが看護師にとって大切な事なのです。

看護師の仕事相手はパソコンではなく患者さん!パソコンで患者情報は管理できても患者さんの心身を管理してあげるのはあくまで看護師だということを忘れずに

馴れ馴れしいと優しいは違います

095

看護師さんに改善して貰いたいと思うところは、態度と言葉遣い、そしてそれらを統一して欲しいということです。
みなさん決して、態度も言葉遣いも悪いわけではありません。言葉が乱暴だとか雑だとかではなく、その逆です。体調が悪い、なんらかの不調を抱えている患者に対して優しく接してくれるのは大変ありがたいのですが、なんというかその度が過ぎていて、まるで子供扱いをされているような気分になることがあります。不自然に語尾を伸ばしたり、こちらに言い聞かせるような言葉遣いだったりと、失礼は承知ですが丁寧なのが逆に癇に障ることがあります。こちらが敬語なのに、看護師さんがタメ語に近いような言葉遣いで喋っていることがありますが、正直間違っていると思います。機械的に接することはよくないとは思いますが、馴れ馴れしく感じることもまた不快を生む要因だと思います。

m015-396

また、こういった人達と対照的にキビキビした看護師さんが同じ場にいると、対応の違いにこちらが混乱をすることがあります。
例えば検査の指示を受けるときに、ある看護師さんは丁寧に言い聞かせるようにこちらに説明をして、その検査後や途中でキビキビしたタイプの看護師さんにバトンタッチをされると、後のその方の説明が簡素なので聞き洩らさないように細心の注意を払わなくてはいけなかったり、また聞き逃して聞き返したりと二度手間です。体調が悪い時にそんなところにまで気を使ってはいられません。
人間なので完全に統一するのは難しいとは思いますが、せめて同じ場に居る看護師さんに関しては説明方法だけでも、なんとなくでも構わないので、統一してくれるとありがたいなと感じることが多いです。

また、病院にかかるとどうしても萎縮してしまう傾向があります。なので、やはり明るい雰囲気の看護師さんがいるとそれだけでホッとすることも多いです。

色々な看護師がいるのでなかなか難しいところではありますが、患者さんを疲れさせないように接してあげることが大切ですね

患者、顧客に対する均一の対応をしてほしい

d9693d4db2e12b931dfcba64e356fc6e_s

これは私の祖母が人生末期に半年間入院した時の印象です。
まわりは高齢者ばかりでなかなか回復の見込みもないような方が多いこともあったのかもしれません。誤解を招くといけませんがほかの病棟では今からわたしが記載するようなことはありませんでした。

さて、前述の通り祖母が入院してたところは高齢者、かつ劇的に回復が難しい場合の患者ばかりの病棟でした。もちろん、24時間対応で看護士さんも本当に大変だということはわかります。また、患者さんからなかなかありがとうという感謝の言葉も引き出しにくいところがあることも理解できます。

3d21a69edf07cbbda342c1d3629afaec_s

というような状況でありながらもあまりにもほかの病棟の看護士とは笑顔も対応も異なる、まさしく対応の均一性がないところが気になりました。企業で言うならば、あまりやりがいもないところに配属、転勤させられて無理やり仕事を、いわゆる患者さんの相手をしているというような雰囲気を感じてしまうのです。
もちろん、夜中に患者さん、家族がナースコールを押すことも多く大変だと思いますがもう少し笑顔でみなが対応してくれるようにならないとこちらもお願いしずらくなってしまいます。複数のうちの一人ということではなく、こういった事象がほとんどの看護士さんに見られ、かつ雰囲気が重いということからもよくわかるところです。

私も企業に勤めているので理解できるところはあるのですがとにかく患者さんはお客さまであり、どのような状況であっても笑顔でしっかり対応していかねばなりません。さらにこれからはこうした高齢者を相手にした現場が増えていくことが容易に予測されるわけです。
仮に全国的にほかも同じような状況であるのであれば、現場からもしくはトップダウンからでも改善をしていかねば、日本の医療現場のサービスレベルがあやしくなっていくと感じます。

こちらもチェック「馴れ馴れしいと優しいは違います」

看護師の夜勤について

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

先日、肛門科で肛門狭窄のため10日間ほど入院しました。
看護師さんには大変お世話になりました。皆さんとても親切でよくしていただきましたが、敢えて言わせていただくと、夜勤の看護師さんの人数が少ないのではないかと思いました。自分が入院した病院は病床数が最大89です。びっちりベットが埋っていたわけではなかったです。だいたい2/3くらいは入院していたと思います。それで夜勤の看護師が2人というのはちょっと大変ではないかと思いました。

ced041a6671cf293d51c243eb89b955c_s

自分が排便後にガーゼ交換をお願いしても、まだ、回らなければいけない患者さんが残っているので今はできない、後でナースステーションに来てほしいと言われたことがありました。決して看護師さんが悪いのではなく、夜勤人数が少ないのは目に見えていました。日中は結構な数の看護師さんがいますが、夜勤を担当する看護師さんは限られた人だけ。年配の看護師さんや婦長さんは夜勤をしないようでした。

肛門科ですから手術当日は歩くことができないため、看護師さんのお世話になることが多いです。自分が手術した日は7人が手術を受けました。毎日それくらいの手術があるようです。排尿のたびに看護師さんを呼ばなければいけないですし、それが7人いるわけです。
手術当日でない患者についても、就寝前と起床後に見回りがありますし、カーゼ交換についてはすべての患者が必要なわけです。それを2人でこなすのはやはり大変かなあと思います。

自分が一度、夜中に眠れなくなり、ベットのライトを付けたことがありました。ちょうど相部屋の人が退院して1人だったし、本でも読んだら眠くなるかなと思ったのです。点けて何分もたたないうちに看護師さんがきました。「痛みありますか」と聞かれ、「眠れないので」と答えました。「遅い時間なのでライトは消して休んでください」と言われたので仕方なくライトは消しました。
偶然通りかかったのかとも思いましたが、この時間帯に見回りはないため、ライトを点けるとナースステーションでわかるようになっているのかもしれません。

自分のような患者さんもいると思うので、看護師さんが休憩する暇もあまりないのではないでしょうか。せめてもう1人人員を増やして、仕事の負担軽減をしてあげたほうが、患者一人ひとりに対する処置も行き届くと思います。
看護師さんは人手不足と聞きますが、患者が安心して入院できるよう対応してほしいと思います。

困っている時にはすぐ助けてもらいたいもの、患者さんを待たせない努力も必要かもしれません!